投資信託とは

投資信託とは

投資信託というのは簡単に言うと「専門家が投資家から集めた
お金を運用し、その成果を投資家に分配する」ものです。

投資信託委託会社が株式や債券などに投資して得られた収益
を投資家に分配する金融商品のことです。

投資信託は、小口の資金を集めて数十億円以上の大口の資金に
まとめて運用するので、取引コストを低く抑えられるという
メリットがあります。

通常、株式を購入するにはある程度まとまった資金が
必要ですが、投資信託では1万円から購入することが
できます。

個人が投資顧問契約を結ぶには、それ相応の報酬を支払う
必要があります。また、個人がファンドマネジャーに運用を
委託する場合には、かなりの資金が必要です。
しかし、投資信託を購入すれば、安い費用でしかも少額の
資金から専門家による運用が利用できます。

投資信託にかかるコストとしては、
購入時の販売手数料と運用時の信託報酬がかかります。
(最近はノーロードファンドといって、販売手数料無料の
ものもあります。)
信託報酬というのは、投資信託の運用や管理に対して
支払う費用のことです。
投資信託を購入してから換金するまで払い続ける費用と
なります。
また、信託財産留保金という、投資家が解約する際の
組入証券等の売却手数料等を解約代金から差し引く金額
を支払う必要があります。

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。